ねっとりとネット

むちむちのむちのち (炎上系でも非社会派でもない)妄想家 ニブンノイチニッカン

【YouTuber・少年革命家の「不登校は不幸じゃない」】

さて、
YouTubeで活動している少年革命家が「不登校は不幸じゃない」と言っている。


 ぼくはその少年革命家が学校に行こうが行かまいがどっちだって良い。好きなようにすれば良い。「不登校は不幸じゃない」これはぼくも賛成だ。正確には「学校に行ったところで必ずしも幸せになれるとは限らない」だ。彼の言いたいことは、例えばイジメられていて学校に行くのが辛い。それでも学校に行っている方が不幸である。行きたくないところに無理に行く必要はなく、不登校で悩む必要なない。
 学校行けてる方が幸せであるとぼくは思う。盲目的に、ロボット量産のレーンに乗っているのは実は幸せなのである。ぼくだって小中高はなんも考えずに通っていた。しかしそれに合わない子、気がついた子は本当は幸せなはずなのに彼らへの対応はない。ただはじかれて、社会不適合者にある。けれど社会は少しづつ変わり始めている。10歳の少年(革命家)が「不登校は不幸じゃない」と自信を持って言えるのだ。これは良い変化だ。10歳の少年に結果的に言わせている社会はどう考えてもおかしい。学校だけが勉強じゃないし、学校じゃ学べないこともたくさんある。一方で学校じゃなきゃ学べないこともある。義務教育として扱われている範囲は親のサポートとが必ず必要だ。けれど圧倒的に子供の方が自由になっているのに大人はサポートできるのだろうか?

 

それではお先に~(失礼します)。