ねっとりとネット

むちむちのむちのち (炎上系でも非社会派でもない)妄想家 ニブンノイチニッカン

【明らかに女装しているヒトを見つけたときの対処法】

さて、
明らかに女装しているヒトを見つけたときの対処法を見出そう。

 

テレビに出ている大胆な女装家や、twitterの可愛い男の娘やコスプレイヤーではなく、おっさんの女装が好きなヒトだ。駅のホームで電車を待っていて、後ろに女性の気配を感じつつ乗車してからパッと振り向くとそこには女装好きおっさん。
20代中間くらいの割にイタイ女子の格好をしている。持ち物は小型のショルダーバックで丸い形だったりする。ぬいぐるみを持っていることも多々ある。髪の毛は明らかなカツラで茶髪ダメージヘアー。メイクもしっかりしている。しかしシワのあるハリのない肌はメイクすることで賞味期限を加速させている。

これは日常に起こるプチドッキリ。不意の静電気や平らな道端でのつまづきとさほど変わらない。けれど確実に心臓は寿命を削られる(削られてもすぐにもと通りになる)。そして決して避けることのできない日常なのだ。

ぼくは基本的に誰がなにをしようが自由だと思っているので、おっさんで女装?どうぞどうぞなのだ。(自分だってなにかの拍子に女装をするかもしれないのだ。)

その生物を見つけてしまったら一先ず全身をくまなくチェックしよう。髪飾りから爪の色、ガリかデブか、靴下の上がり具合に靴の汚れ具合。しかし注意が必要だ。顔の詳細を見すぎたり、普段の職業を想像してはいけない。目の前にいる存在をただただ受け止めるのだ。そうしたら最後に「今日も可愛いね。」と心の中でつぶやく。それが嫌ならtwitterにつぶやいてもいい。うっかり口に出さないように注意しよう。そして別れ際に誰にも聞こえない、ホントに小さい声で「いってらっしゃい。」と言うのだ。

次回遭遇したときにトッサにできないので、前に見たおっさん女装家をやんわりと思い出して練習しよう。

 

世の中を少しでもハッピーに。おふざけワールド。

それではお先に~(失礼します~)。